スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちの流れを考える。  ジャニカ問題

今回の問題について、どちらが正しいとは
言いきる事が出来ないように思っています。

今回このようになってしまったのは何故かと考えると、
始まりは、芦田さんと神村さんのジャニカに対する考え方が、
根本的に違っていた事なのではないでしょうか。

つまり、ボランティアを基本に据えて考えるかどうかのです。


元々はジャニカを一緒に始めた訳ですから
当初から仲が悪いとは思えないので、

色々、意見を重ねる内に、ズレが広がって行ったという事なのではないでしょうか。


そして、どうにもならないくらいにこじれたのが
育成事業の取り組み方のような気がしてしかたありません。


神村さんは当然この事業に入れ込んで、
何としてもこの事業を物にしたいと考えていた事でしょう。

しかし芦田さんサイドの方が当初から積極的に
神村さんを手伝っていたかと考えた時、

想像ですが、あまり積極的に手伝う状況では無かったのではないでしょうか。

ボランティア的な考え、
互助会的な考えから見ると

決まれば、それはそれでいいが

ただ、それが協会の進むべき本筋ではなく
それよりもやるべき事があると考えていたのではないでしょうか。

アニドウインタビューでの、あしながおじさん発言からも
そう感じます。


神村さん側から見ると、たいへん歯がゆく
たま、時間が経つにつれて

あの人達はあてに出来ない、自分で自分の好きなように進める。
ろくに協力しない人達に口出しさせない。
と思っても不思議ではないように思います。


芦田さんのインタビューでKさんが述べたセリフから考えても、
そのように推測出来ると思います。


しかし、芦田さんサイドに立つと、
ジャニカとしてどう活動して行くかという考えの
いくつかのアイデアの一つでしかなくても不思議ではありません。

結果として事業を受ける事が出来ましたが
100%受注可能でない物に入れ込み過ぎるのではなく、

出来る事をコツコツ積み上げて、
それ以外は運良く転がり込んだボーナス的出来事と
考えた方が、博打的な一喜一憂する事なく、
ゆっくりで遅くとも着実に協会が成長して行く事が出来ると考えていたのではないでしょうか。


育成事業に入れ込んでいる神村さんを見て
そこまで入れ込んでいるなら受注の部分は任せたよ、
我々は本筋の方で頑張るから、

受注出来た時には人も大勢いるだろうから
その時はみんなで一緒に頑張ろうくらいにしか思ってなかったのでは。

それに、あまり大勢が交渉事に絡んで
煩雑な事が増えてもしかたがないという風に考えてもおかしくありません。

ま、仮定の話ですが
気持ちの流れとしては、いい線なのでは。


そして、事業を受注したところで、芦田さんサイドは
当然のように事業に大きく係わろうとするでしょうが
神村さんからすると、
  今更、
という気持ちでもおかしくないですね。

先ほども触れた芦田さんのインタビューにあったKさんのセリフが
それを表しています。

☆たしかに、文化庁の仕事が取れそうな時
に、Kさんから「金の臭いがするところに群がっ
てくる」って言い方をされた☆

ま、Kさんとは、文脈から神村さんでしょう。


しかし、芦田さんにしてみれば、事業を取れたのも
ジャニカという組織があってこその話で
そのジャニカを立ち上げた

自負心が、神村さんの態度に納得出来ないのも当然の事です。


結果として、感情的なお互いの行き過ぎた行為になって行ったのでしょう。



どちらも、当然、自分が正しいと思って。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記☆
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
アニメーターしてます。

赤堀重雄

Author:赤堀重雄
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
仕事のお問い合わせは、こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。