スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛べよガンダム!輝けガンダム!人類全ての心の中へ!

090806_1958~0001
HI3F00940001.jpgHI3F00930001.jpg
090806_1345~010001

ガンダムはこの先どこへ行ってしまうのか?

すごく気になります!


ガンダムお台場へ見に行くまえは、
ただデッカイ人形が立ってるだけだろう~
ぐらいにしか思ってませんでした。

しかし、見てびっくり!


ガンダムの存在感!
ガンダムの造形美!

すごい!

こんなにワクワクするとは思いませんでした。


これで見納めにするには、もったいないです。
というか、これで終わらせたら、だめでしょう。


ネット上の書き込みでいろいろな所の移転希望先を見ましたが、
その中で、コレはいいという所がありました。

それは


  成田空港です!


これを見た時、頭の中に妄想がイッキに広がりました。


世界中から来た外国の方が、何も知らずに

あのガンダムを見たら

どれだけ驚き、困惑し、感動する事でしょう!

こんな愉快な事はないと思います。

巨大ロボットのオブジェを立てる事が可能な文化、
これだけスタイリッシュでカッコイイ造形を可能に出来る技術、

いかにも日本と言えるこのガンダム

世界中から来る人たちに

強烈なカルチャーショックを与えてほしいものです!

それと、ガンプラをお土産に買って行く人も、すごい数になるでしょうね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダム
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ガンダム お台場 アニメ アニメーター 日記 イラスト デザイン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

成田空港案について

成田空港案すばらしい(面白い!)と思います。
私はガンプラ直撃世代なのですが、よもや実物大が見れるとはおもっておりませんでしたので、言葉に出来ないほど感動しました。
でも、ガンダムを全く知らない人が見たら‥想像するとちょっと不思議な気分ですね。日本だとガンダムを全く知らない人は、おそらくまず居ないので、ぜひ感想を聞いてみたいものです。

No title

 あるサイトで、熟練のアニメーターのけいおん!の評価ということでこのサイトが紹介されていたので訪問しました。プロとしてアニメ制作に関わっている方のけいおん!批評は読んだことがなかったのでとてもおもしろかったです。
 ただ少し残念なこともありました。それは赤堀さんのように真剣にアニメを愛し、アニメの将来のことを考えてらっしゃる方でさえ萌えアニメといわれるアニメ群にかんしてほとんど思考をめぐらせていないということです。赤堀さんは萌えアニメという言葉を定義付けをほとんどしないままネガティブなニュアンスを持った言葉として使っているように思います。萌えにかんして思考すべき事柄はたくさんあるにもかかわらず、なぜ赤堀さんを含めてアニメ業界にいるほとんどの方は何も考えようとしないのか不思議で仕方ありません。
 マンガ業界では今勢いのある批評家の方たちは萌えについて思考しています。批評家の中でも最も活躍していると言っていい伊藤剛さんはその著書「テヅカ イズ デッド」で萌えについて真摯な論考を書いています。ちなみに「テヅカ イズ デッド」はマンガ批評のひとつの到達点といっていい傑作です。これを読むと今のアニメ業界にはいかに批評が存在していないか痛感します。赤堀さんもぜひとも読んでほしい、いや読まなけれなばならない本だと思います。
 最後にアニメ業界では数少ない、萌えについて真剣に考えていることがわかるSHAFTチームのインタビュー記事のリンクを張っておきます。
 http://www.p-tina.net/interview/84

始めましてー☆

始めまして☆
このガンダム見に行けてないですが
もし成田行きの噂が本当なら面白いですよね☆
せっかく作ったんだし夢のあるプランにして欲しいですよね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
アニメーターしてます。

赤堀重雄

Author:赤堀重雄
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
仕事のお問い合わせは、こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。