スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金田伊功さん

金田伊功さんが、57歳の若さで亡くなりました。

たいへん悲しいです。


学生時代、金田さんの作画が大ブレークしていて、
自分もそれにどっぷりはまってました。

アニメーションの動きの面白さを本当に知る事が出来たのは
金田さんの作画に出会えたからだと思ってます。


幸運な事に、昔、金田さんがキャラデした
ダウンロードという作品に参加する事が出来ました。

この作品に関わるきっかけは、
当時いたスタジオに先輩で金田さんの知り合いの方がいて
その方にしょっちゅう金田さんの作画が好きと
話したいたら、ある時、

マッドハウスで新作を作ってるみたいだけど
原画マンが足りなくて探してよ!
と、教えてくれました。

しかし、原画になって3~4年ぐらい、
まだ、自分からよその会社の作品をやりたいと言える立場ではありません。

ほとんど、あきらめていたのですが、

教えてくれた先輩が、社長に話してくれて、そして
それまでの仕事ぶりを評価していただき
外の仕事もやらしてみてもいいだろうとなりました。


めでたく、参加する事になり、
打ち合わせの時に短い時間でしたが
金田さんご本人とお会いする事が出来ました。

ひとつ残念だったのは、作業は自分のスタジオでしたので、
もし、作業もスタッフルームでやれていたら
金田さんの仕事にもっと触れる事が出来たのですが。


それから、10年以上過ぎてから、もう一度お会いする機会がありました。

マッドハウスへ野田卓雄に会いに来た時、
自分の席が野田さんのすぐ近くだったため
いっしょに話をする事が出来ました。

たいへん憧れていたので、緊張したのを覚えてます。



出来る事なら、もう一度映画で金田さんの作画を観たいと思っていたのですが、
叶わぬ夢となってしまいました。


心からご冥福をお祈りいたします。
 

スポンサーサイト

テーマ : アニメーションの評論・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

御冥福をお祈りいたします

  諸行無常 会者定離

亡くなった方のテーマのコメントでこんなコトを書くのもナンナンですが…

人間~死んでしまえばソレまでです。

生きてさえいれば~チャンスは生まれます。

最近~アニメーターの収入に関してのニュースを耳にします…
アニメーターの過酷な仕事ぶりをパロった手記やイラストを昔良くみましたがw 現実にお堅い国営TVのニュースで視ると~笑っていられません…

ソンナ事情や背景があっても~我々見る側は作品に夢や希望・安息等の娯楽を求めるコトしかできません。

コノ日本のアニメ文化を広めるコトは~お手伝い出来ると思います…微力ながらw

でも~コノ日本のアニメ文化を高めるコトができるのは、実際に制作している方達です。

お身体を大切に、次回作期待してオリマス。



No title

私は金田伊功という人をこちらのブログで初めて知りました。

以前書かれていた記事でその名前を知り、
私が今まで見ていたアニメにも金田さんが描いていたものが多くあることを知りました。
そしてそれまでのアニメを見た経験から自分の中に自然とあった
「あのポージング」、「あのタイミング」というものを最初に生み出した人だと知り、
とても偉大な人なんだと衝撃を受けました。

これからも金田さんの描くアニメが見てみたいと思っていたので残念で仕方ありません。
心からご冥福をお祈りいたします。
プロフィール
アニメーターしてます。

赤堀重雄

Author:赤堀重雄
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
仕事のお問い合わせは、こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。