スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比べ、探り、描く

まず、自分がどれだけ描けるのか、客観的に判断するのが難しいのは確かです。
自分自身もそれを探る為に専門学校へ行ったのですから。

初めから、それが出来てしまう人もいるとは思いますが、普通はなかなか難しいのものです。

まずは、私がやったように、を描く事が好きな人達の集まりの中に入って、
その中で自分がどの位レベルにいるかを、
確認するのもいいでしょう。   (注意。あくまで、ひとつの方法です。)

その時大事なのは、自分が一番か二番か三番かではなく
自分より上手い人はどこが上手いのか。
自分より良くない人はどこダメなのか。

自分より上手い人でも、この部分だけは、
自分の方が良く描けている所があるのかないのか。

自分より良くない人でも、この部分は、かなわないと思う所はあるのか。

相手と比べて、自分の良い所、悪い所を知るために
考えて、考えて、考え抜く事が大切です。

上手い人とそうでない人の差は、何かひとつ気がついた時、そこで満足してしまうのか、もう一度本当にそうなのか、もっと他に何かないかと、さらに追求して行く気持ちです。

そして、ただ考えるのではなく、人の筆使い、何を参考にしている、
時には直接、どんな所にポイントを置いて描いているのか聞いてしまうぐらいの
貪欲さも必要です。

実は上手い下手の違いは、この貪欲さにもあるのです。

これらの事を踏まえて、
その時出来る事、思いついた事は、すぐに実行する、描いてみる事です。

漠然とではなく、探りながら、確認しながら、疑いながら、


上に書いたように試行錯誤しながら大量の
描いて、描いて、描きまくるのが、重要です。
当たり前のような事を書きましたが、実際は、当たり前の事が出来ていない。分かっていない。分かったつもりになっている。
現場でも、出来ない人ほど、分かってます。と言います。

専門学校の時、上手い人ほどを大量に描いてました。

学校の同期で、メカ作監で有名な後藤雅巳君がいるのですが、彼は、授業の課題以外に自主的に、背景動画で戦闘アクションの面倒な作画をいつも描いていました。もちろん、大量に。
だから、比べるのです。上手い人がどれだけ描いているのか、その人に比べて自分はどれだけ描いたのか?

まだまだ、かなり続きます。
多分(・ω・)/
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

↑ぽちっと、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメーター アニメ 作画 動画 映像 イラスト 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして!

こんばんは!
私がしている仕事とジャンルは違いますが、赤堀さんのブログを拝見してとても参考になることがたくさんありました。
まず、基礎、そして訓練がとても大切だと言うことをあらためて感じました。
ありがとうございましたm(_ _)m

自分も・・・

はじめまして。和風之御話場というブログをやっている3284です。
中学三年生で男子です。部活は一応絵画造形部に所属しています。自分もこのとしになって・・・
「どこの高校にいけば将来つきたい仕事につけるか?」
「夢をかなえるためには今、なにをすべきか?」
という思いをめぐらせているところです。
ちなみに将来の夢は漫画家になることです。漫画家さんのアシスタントになって「マンガ」というものを学び、仕事をしながら自分でもマンガを描く、というのが僕の理想です。
僕は絵を描きたくない気分というものをもっており
それは結構な回数でまわってきます。
書きたくないときに絵をかいてもそれは自分の「絵」ではない、
とおもっていたからです。
しかし、赤堀さんのブログをみたとき、
「それは違う」と思えるようになりました。
「絵がうまい人ほどいっぱい絵をかいている」
「漠然とではなく、探りながら、確認しながら、疑いながら、


上に書いたように試行錯誤しながら大量の絵を
描いて、描いて、描きまくるのが、重要です。」
といった言葉を聞いて「あっそうだよな。この自分の考えかたはまちがっている」ということにきづかされました。
絵を描きたくないというきもち、それは

面倒くさがり屋の自分

今の腕に満足してしまっている自分

そんなたるんでいる自分のきもちの集合体だったんだとおもいます。まだ明白ではありませんが・・・・
それでも、今の「自分」を気がつかせてくれた赤堀さんに感謝感謝です。ありがとうございます
プロフィール
アニメーターしてます。

赤堀重雄

Author:赤堀重雄
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
仕事のお問い合わせは、こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。