スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主制作アニメ、知ってますか?好きですか?!

パソコンが使えるようになって良かった事の一つに
自主制作アニメが簡単に見られるように
なった事があります。

自主制作アニメは昔から好きなのですが

何が好きって

主義主張というよりも
趣味丸出しな所が大好きです。

自主制作という事は
何の制約も無く
自分が描きたい事、作りたい事をやり
やりたくない事はやらなくていい。
どんな破天荒でも
辻褄が合っていなくても
作っている本人が良ければ問題ナシ!
そういうおおらかでのびのびと作っている所が
見ているこちらも楽しくなります。

また「上手い!」という作品もありますが
そうでなくても、
上手くないのだけど、
どうしようもなく味があり
何故か分からないけど
好きで仕方がない作品に出くわす事も楽しいです。


そういえば、何時から自主制作アニメが
どんな感じで一般的に見られるようになったのか
あくまで主観ですが記憶を頼りに書いてみます。
若干の時間的ブレが有るかもしれませんのでご容赦を。

35年くらい前までは
今のような自主制作は皆無に近かったと思います。
それらしい物は
手塚治虫さんの虫プロダクションが
商業作品とは別に
実験アニメとして作っていた物が
有ったくらいで、後はフィルムまでにした物は、
多少は有ったと思いますが
数としては極限られた物なのではないでしょうか。

ただ自分も小学校の頃、
宇宙戦艦ヤマトを見て教科書の角に
戦闘機やビーム砲の
パラパラマンガをよく描いていた
記憶が有るので
そういう事をやっていた人は割といたと思います。
30年くらい前になるとアニメグッズを売るショップも出て来て
そこではセルやタップなどの
アニメ作りに必要な物が売っていたので
そういう物を使って、グループで自主制作アニメを作る方もそれなりに出て来たのは
この頃ではないでしょうか。
(しかしセルは、動画用というよりはセル画絵を描くための人が
主に使っていたのかもしれません。)

特に大学生のサークルで8ミリを使って作った物が多かったような気がします。
当時、友達のお兄さん達が作った物を
見せてもらったり
コミケのような事が
地元愛知県でも色々な規模で
行われていて、そういう場所で
自主アニメの上映会が有ったりしました。

そういう所でダイコンフィルムや話題になっていた
自主制作アニメを見たりしたのを覚えています。

その中には愛知県の大学のサークルが作った作品で
今は漫画家の江川達也さんが描いた
作画が凄いと話題の物もありました。

江川さんはその後
王立宇宙軍で少しだけ原画を描いています。

また、アニメの専門学校も出て来て
そういう所の物も見られるようにと
段々となって来ました。

アニメーターになった頃は
誰それが学生の時作ったアニメだ、
あの人の卒業制作アニメだと
知り合いの中でビデオが回って来たり

自主制作ではありませんが
パイロットフィルムも回って来たりしました。


今はパソコンのおかげで見る事も
また、一人で作る事も
割と簡単に出来るようになった事は
アニメを楽しむという意味ではたいへんありがたい事です。


気に入っている物を幾つか貼っておきます。





スポンサーサイト

テーマ : アニメ動画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール
アニメーターしてます。

赤堀重雄

Author:赤堀重雄
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
仕事のお問い合わせは、こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。