スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリフのタイミングの付け方と声優のプロの技術

アニメーターになって25年以上経ちましたが
この間にアフレコ現場を見たのは4回程度しかありません。

この業界の悪い所の一つで
職種間の横の繋がりがほとんど無いというのが有りますが

これが作業の効率や向上の部分的な妨げにも
なったりしているように感じています。


そのように感じる理由の一つが、
数少ないアフレコ現場での体験が
大変有意義な物であったからです。


原画マンになって始めの頃のセリフのタイミングのイメージとして
一文字3コマ、つまり24分の3秒ぐらいが基本的な早さで
演技の内容によっては早さに変化を付けるというふうに思っていました。

ところが、アフレコの様子を見ていると

そのタイミングでは

気持ち早口に見えたのです。


特にその時の作品は
長回しのセリフが多かった為
その事がよく分かりました。


その際に、
凄い!

と思ったのが声優の技術です。


長回しでゆっくりと
過去の過ちを吐露するシーンです。
途中で間を取りながらの難しいシーンです。


こちらも、それに合わせて
ゆっくり目にタイミングを調整したつもりです。

当然、演出もチェックしています。


しかし

秒数が明らかに足りなかったのです。


参ったな!(°□°;)と思いました。


ところがです。

声優マジックを見ました。
いえ、聞きました。


何度かのテストの後です。

喋りのスピードとしては早いのです。
早いはずなのですが、

ゆっくり話しているように感じるのです。


驚きました。(☆o☆)
完成した物を見てもわかりません。


その喋りのスピードは、
感情をあまり込めないで本を読むように喋れば
言える早さではあるのです。

演出のチェックを通ったのも多分その為でしょう。

しかし、現場で見ていると、この内容では感情を込めると
秒数が足りないはずなのです。
が、
バッチリ合わせくれたのです。

スピードは早いのですが、
喋りのトーンを低く抑えて
緩急を上手く使い、
落ち着きのある感じに
聞こえるように演技してくれたのです。

プロの本物の技を聞かせてもらいました。


この時の体験がセリフ時の息継ぎを含めた
タイミングの取り方を、もっと注意して
考えるようになりましたし、
また、完成時には分からない、
声優の技術を知る事が出来ました。

背景にしろ撮影にしろ、他の職種との交流がもっとあれば
アニメの質の向上や効率を上げる事に
プラスになると思いますが

あまりにも細分化されて
現実にはなかなか難しいのも
よく分かるのですが
残念な所です。
スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アイドル・芸能

人に恵まれる

4月からアニメーターになる人はどれだけいるのでしょうか。

これから色々な事を経験する訳ですが、
その一つとして

人との出会いが有ります。

この業界は人との繋がりが大きな財産になります。

例えば、いい仕事は人からの紹介、
つまり横の繋がりから来る事がかなりの割合を占めるのではないでしょうか。

仕事を振る側が、まず、本命のアニメーターに声を掛けて断られた時、
他に有力な候補が無い場合、そのアニメーターにいい人はいないか相談したり、
又は、アニメーターの方から彼なら適任ではないかと
積極的に推薦されると、
信頼するアニメーターの言葉は、一番安心の出来る情報なので
制作側は推薦されたアニメーターに対して積極的なアプローチをして来ます。

また、演出家は当然の事として優秀なアニメーターと組みたいと考えていますので
過去に仕事をして、良い仕事が出来たアニメーターと再度組みたがる人が普通です。


仕事の依頼だけでなく仕事の質も、技量やセンスの有る先輩や仲間に囲まれて仕事をする事で
刺激を受け、自身の向上にたいへん役にたつ事でしょう。


さて、自身の幸運な出会いですが、まずはアニメーターになった時のスタジオジュニオの社長、香西さんです。

香西さんを語る時に考えなければならない事が一つ有ります。

人の評価や見え方は、その人を見る自分の立ち位置によって違って来る物だという事、
人の絶対的評価は無いのでは、と思います。

日本人から見たら英雄でも、他国から見たら悪党に見える様な感じで。


香西さんは結果としてジュニオを傾かせてしまいました。
香西さんなりの努力や、やむを得ない理由は有りましたが、
多くの人に迷惑を掛けてしまった事は事実です。

ただフリーになって社長業のたいへんさが少しは分かります。
大きな組織を維持して行く為に、常に仕事を取り続ける事のたいへんさを。


香西さんの事をよく思わない人もいる事でしょうが、
自分にとっては真逆の、たいへんお世話になり、香西さんがいたらこそ開けた道が有ります。

自分のキャリアとして、マッドハウスで原画や作画監督、キャラクターデザインをやれた事は
大きな財産になりましたが、
そのチャンスを作っていただいた方の一人が香西さんになります。

スタジオに、前にスタジオNO.1で仕事をされていた方がいて、
もともと、金田伊功さんファンであった自分がその人に
金田さん大好きです!
と、常日頃わめいていた所、
ある日、金田さんがキャラデしているダウンロードという作品で原画マンを探しているよと教えて頂き、
知らない間に、社長の香西さんにその方が話を通してくれていました。
そして、知らない間に香西さんがダウンロードの仕事が出来る様にマッドハウスと話をつけて頂き
いつの間にかダウンロードの原画をやる事になっていました。

そして、続けて帝都物語の話が来た時には

自分からお願いした訳でもないのに、
マッドハウスに出向、それも拘束扱いで。

その後もかなり好き放題マッドハウスで仕事をさせて頂き、
拘束料も、香西さんが、毎回交渉して頂いたおかげで
着実に上がって行きました。

他社で仕事をさせてもらえたのは、
自分自身で毎回それなりの結果を出した事もありますが、

その結果を正当に評価して頂き、また更なる成長の為に
糧になると思われる作品を自社他社を問わず与えてくださった、
会社中心の考えではなく、人中心の考えで接して頂いたおかげだと思っています。

これは理想としては誰でも分かる事ですが、
社長として経営を考えた時には、なかなか難しい考えだと思います。

残念なのは、外で付けた力をスタジオの中で生かして行こうと思っていた時に
スタジオが傾いてしまい、

自分の力をスタジオの為に生かせなかった事です。


所属していたスタジオジュニオには、
先輩方に沢山の有力なアニメーター、能力の高いアニメーターが。
そして同期で先に原画マンになり頭角を表していたアニメーターなど、
自分より目立つアニメーターが多数いた中で、
自分にも目を配って頂き、すくい上げてもらえた事に

たいへん感謝しています。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

仕事

現在、ある夏の劇場作品の原画をかいてます。

これは、後一週間ほどで終了。

そして、すぐに別の夏の劇場作品のパート作画監督。

なんと、こいつはまだ絵コンテがありません!

劇場作品でも、いろいろあります…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今日、9月5日  ジャングル大帝 放送

21時から23時10分、フジで放送です。

自分もまだ見てませんが、作監を手伝った感じでは
作画は、かなり頑張っているみたいです。

時間がある方は、見てやって下さい。

テーマ : アニメ動画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
アニメーターしてます。

赤堀重雄

Author:赤堀重雄
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
仕事のお問い合わせは、こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。